人生で大切な手作り石鹸がありますか? パート1

石けん工房花華のスタッフが大切にしてる石鹸

石けん工房花華のスタッフの知り限りと言うか今までの経験の話になります。少し長くなるので、お時間ありましたらお付き合い宜しくお願い致します。

手作り石けんを知ったのは今から18年ぐらい前になります。

それまで市販の良くある白い石鹸しか知りませんでした。でも、ある時に友人から貰った石鹸から手作り石鹸の存在を知る事になりました。

白い石鹸
白い石鹸イメージ画像

貰ったその石鹸を最初に使った感じは今までの白くって硬い石鹸しか知らなかったので、とにかく柔らかい事にビックリ。手作りだけにこんな物なのかな?でも、洗った後のお肌はさっぱりしながらもしっとりしてる。当時乾燥肌で体のすねの辺りは粉が吹く程の乾燥肌だった。毎日のボディローションやクリームが欠かせない。出産した事で体質も変わるらしいので、乾燥肌になってしまったのか?と思って日々ローションやクリームを使用してました。

でも、その石鹸を使うようになってふと、気がつくと粉吹く事もなくなり、ローションやクリームを使う事もなくなってました。石鹸でこんなにもお肌の状態が変わってた事に気がつき、それから手作り石鹸の魅力に取り憑かれたようにいろんな石鹸を購入するようになってました。

購入するだけじゃ飽き足らずに、もっともっと手作り石鹸の事が知りたくなり、自分でも作るようになりました。自分で作りながらも他の人が作った石鹸を使うのが大好きだから、いろんなところからたくさんの石鹸を購入してました。 石鹸と本当料理と同じで同じようなレシピの石鹸も作り手によって使用感が全然違くそれを体験出来るので毎日洗うのが楽しみだった。

購入したその数は、衣装ケース何個分(笑)ってぐらい購入してて使うのが追いつかない。でも、その時は取り憑かれたように次々と購入してました。毎月限定で販売されるお店もあったので、1年を通して買ったところで購入する事も少なくなって使って使用感を楽しむ事にシフトしてて、お風呂場には日々いろんな石鹸が置いてある状況でした。 

2019年5月17日

Posted by soaphana